HOME > スポンサー広告 > title - 浅利のしそジェノベーゼHOME > パスタの作り方 > title - 浅利のしそジェノベーゼ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浅利のしそジェノベーゼ

 ジェノベーゼというのはイタリアのジェノバ風ということです。普通はバジルで作るのですが、それと全く同じ分量でバジルをシソに替えてみました。
 ジェノベーゼ自体は僕はちょっと苦手といいますか、美味しいのを食べたことがないのですが、シソで作ると美味しく食べられます。
しそジェノベーゼ完成


[材料]
青ジソ      100g
にんにく微塵切り 大匙1くらい
パルミジャーノ  大匙山盛り4くらい
松の実       40g
EXVオリーブオイル 200cc~250cc

にんにく微塵切り 小さじ1
オリーブオイル  適量
浅利       5~6ヶ
白ワイン     少々


[作り方]
 最初にジェノバペーストを作ります。シソの固い元のところを切り落とし、[材料]の青ジソからEXVオリーブオイルまでをミキサーに入れ回します。
しそジェノベーゼ1
この分量だとなかなか回らないと思いますが、回してはスプーンで押し込み、押し込んでは回しを繰り返して頑張って回します
しそジェノベーゼ2
 こんな感じになるまでしっかりと回します。
しそジェノベーゼ3
 きれいに洗ってしっかり乾燥させたビンに入れておけば、2,3週間は持ちます。これでペーストは完成です。

 鍋にオリーブオイルとにんにくの微塵切りを入れ、弱火でにんにくを狐色にします。
しそジェノベーゼ4
 ここにアサリを入れ、
しそジェノベーゼ5
 白ワインを注いで蓋をして蒸し煮にします。
しそジェノベーゼ6
 アサリが開いたら、蓋をはずし、ワインと貝の汁を少し煮詰めます
しそジェノベーゼ7
 そこへパスタの茹で方を参考に茹でたスパゲッティをいつもよりしっかり茹で汁を切って(季節によって貝の持つ塩が違うので、なるべく味を見てから茹で汁は加えます)加え、よく和えます。ここでお湯と茹で汁で大体の塩加減、濃度をきめておきます。
 火を止めてから、シソジェノバペーストを大匙1加えます。このペーストは火を加えると香りが飛んでしまうので、必ず火を止めてから入れます。しっかりと混ぜ合わせ器に盛ります。好みでパルミジャーノを振ります。完成!
関連記事


Trackback

Trackback URL
http://lainacuisine.blog86.fc2.com/tb.php/32-10a9ce9a

Comment

maiko | URL | 2007.03.11 21:35
シソジェノベーゼは母と二人で衝撃を受けた一品でした。
そっかシソもジェノベーゼにすればいいんだ!と。
しかも貝好きの母にはたまらない一品だったようです。

SOUで頂いたあと母も私も早速シソのジェノベーゼ作りました。
その少し前にジャガイモのジェノベーゼ和えを料理教室でやったのですが、シソジェノベーゼで和えてもとっても美味しかったです。
艸 | URL | 2007.03.13 03:56
 そうですか!すでに作られていたのですね。バジル、ジャガイモ、鰯は黄金トリオだと僕も思います。

 シソジェノベーゼは、ホタテ、サーモン、タコなど魚介のぶつ切りをあえても美味しいです!
 しそジェノベーゼって、イタリア人が食べても美味しいのかな?と思う今日この頃です。
NAO | URL | 2011.11.19 12:01
>火を止めてから、シソジェノバペーストを大匙1加えます。

シソジェノバペーストを入れる前にパスタを和えるのは火にかけながらやってるんですか?
艸(そう) | URL | 2011.11.21 13:18
NAOさんこんにちは。

はい、火にかけています。ジェノバペーストは冷蔵庫で保存しているので、冷たいのです。なので、水分を調整しながら、パスタをしっかり温めたところに入れています。
Comment Form
公開設定

お知らせ
最近の記事
レシピカテゴリ
コメント
プロフィール

艸(そう)

かんりにん:艸(そう)
”艸ではこんな風に作ってます”を紹介しています。
リンクは自由にしてください!

・相互リンクについて

Facebook
リンク
RSSリンク
いろいろ
ランキング
ランキングに参加しています!!

バナー2
   れしぴぶろぐ
ランキングって何?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。