HOME > スポンサー広告 > title - 白ワインゼリーHOME > お菓子などの作り方 > title - 白ワインゼリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白ワインゼリー

 白ワインゼリーの作り方です。

 見た目も涼やかでチュルッと食べられるので、夏場にはプチデザートとして作ることもある白ワインゼリーですが、どうしてもキンカンのコンポートのシロップを掛けて食べたい!という衝動に駆られて作りました。

 キンカンのシロップをかけるとぐんっっとレストランっぽくなるといいますか・・・「キンカンゼリー」になります^-^

 もちろん、そのまま食べても美味しい白ワインゼリー、お試しを・・・。
白ワインゼリー12


[材料]
水        500ml
グラニュー糖   160g
板ゼラチン    14g
白ワイン     180cc
レモン汁     30cc

[作り方]
 今回の白ワインゼリーの材料です。写真は倍量で作っています。
白ワインゼリー

 白ワインゼリーの作り方は簡単です。なので、出来は使う白ワインとレモンによる所が大きいのです。選んだ白ワインによって出来上がりはかなり変わってきます

 どのワインがいいか?というのは好みになってしまうのですが、艸が使って白ワインゼリーに向いていると思ったのはその辺のスーパーでも売っている日本のメーカーが出しているちょっと甘めの数百円のものです。

 飲んで美味しい辛口のカッチョイイ白ワインでも作ったことがあるのですが、そちらはちょっと大人過ぎるといいますか、ワインっぽ過ぎる白ワインゼリーになりました。まあ、これも好み、ということになってしまうのですが。

 そして、レモンは、ちゃんとレモンを使ってください。○ッカレモンではいけません^-^;で、ちょっといいレモンとかで、あんまり酸っぱくない奴とかありますよね。それも、あんまり向いていないかもしれません。ごくごく普通の酸っぱいレモンが白ワインゼリー向きだと思います。

 ではでは、作り方です。レモンは絞って、漉しておきます。
白ワインゼリー3

板ゼラチンを冷水で戻しておきます。
白ワインゼリー2

レモンとゼラチンの用意をしてから、水とグラニュー糖を鍋に入れて火にかけます。
白ワインゼリー4
よく混ぜて、グラニュー糖を溶かします。

白ワインゼリー5
で、この砂糖水が沸いたところに、

白ワインゼリー6
戻したゼラチンを入れます。

よく混ぜてゼラチンを溶かしたら、大き目のボールに漉します。
白ワインゼリー7

熱いうちに白ワインを加えます。
白ワインゼリー8

続いてレモン汁も加えます。
白ワインゼリー9

氷を当てながら、しっかりと冷やします。
白ワインゼリー10

たまにかき混ぜながら、氷を替えながら、固まってくるまで冷やします。固まってきたら型に流します。
白ワインゼリー11
タッパーでなくても、お好きな型に流してください。

 材料もシンプルで、溶かして、混ぜて、流すだけの簡単白ワインゼリーなのですが、艸は結構好きです。

 柑橘系の果物と一緒に食べても、美味しいですね~。あーでもやっぱり、キンカンのシロップも試してほしーなー^-^
金柑と白ワインゼリー


関連記事


Trackback

Trackback URL
http://lainacuisine.blog86.fc2.com/tb.php/214-6bd2886e

Comment

ゆきる | URL | 2012.10.29 01:15
最近、このブログをしりました!楽しく読ませて頂いています。
つい昨日、白ワインゼリー作ってみました。冷凍ベリーも余ってたので、白ワインゼリーとベリーゼリーの二層にしました!白ワインゼリー、とても美味しくできて大満足です( ´ ▽ ` )
素敵なレシピ、ありがとうございます!今度は金柑にも挑戦しますー!
艸(そう) | URL | 2012.11.09 12:24
ゆきるさん、こんにちは。

白ワインゼリー、美味しくできて良かったす^_^
ベリーのゼリーとの組み合わせもとっても美味しそうですね〜

はい、ぜひ金柑も作っちゃってください!

コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定

お知らせ
最近の記事
レシピカテゴリ
コメント
プロフィール

艸(そう)

かんりにん:艸(そう)
”艸ではこんな風に作ってます”を紹介しています。
リンクは自由にしてください!

・相互リンクについて

Facebook
リンク
RSSリンク
いろいろ
ランキング
ランキングに参加しています!!

バナー2
   れしぴぶろぐ
ランキングって何?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。