HOME > スポンサー広告 > title - オイルサーディンとオリーブのタルトHOME > 一品料理の作り方 > title - オイルサーディンとオリーブのタルト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オイルサーディンとオリーブのタルト

 『タルト』という名前が付いていますが、厳密にはタルトではないかもしれません・・・。

 タルトというのは、パイ生地や、このブログでも紹介している基本のタルト生地のようなものに、魚介や、お肉、果物、クリームなどを入れたもの(または、入れて焼いたもの)を言います。

 「イチゴのタルト」のような甘いデザート系のものと、「キッシュ」のようなお食事系のものがあります。キッシュもタルトなんです。ちなみにキッシュというのは、中身に卵とクリームをあわせたのを流したものを言います。

 生地を作って、型に敷いて、生地を焼いて、中身を詰める、物によっては、その後また焼く。というのが基本的なタルトの作り方です。

 今回のタルトは、生地を混ぜる、焼く。完成!です。

 色々中身を変えると、面白いんじゃないかな~と思います。
オイルサーディンタルト17
 ちなみにSOUでは、一発タルトと呼んでいます^^一発で焼けるので・・・・そのまんまですToT

[材料](18cmのタルト型1台分)写真は2台分です
無塩バター        40g
卵黄            1ヶ分
薄力粉          40g
ベーキングパウダー   4g
生クリーム        50cc
牛乳            20cc
パン粉           20g
パルミジャーノ      40g
パセリみじん切り     少々
卵白            1ヶ分

ブラックオリーブ(種無し)12ヶ
オイルサーディン     50g      


[作り方]
 まずタルト型に分量外の無塩バターを塗ります。
オイルサーディンタルト
 周りのなみなみのところも丁寧に塗ります。

 これまた分量外のパン粉を型に振り、満遍なくパン粉を方にまとわせます。
オイルサーディンタルト2
 こんな感じです。

 これが今回のオイルサーディンとオリーブのタルトの材料です。
オイルサーディンタルト3
 オリーブとオイルサーディンは、水分と油をペーパータオルなどでしっかり切っておきます
 オイルサーディンは、キングオスカーを使っています。

 バターは室温に戻し、ゴムベラでしっかり練って柔らかくしておきます。
オイルサーディンタルト4
 ここに材料を入れていきます。

 まずは卵黄です。
オイルサーディンタルト5
 ゴムベラで、ぐるぐるぐるとしているとだんだん卵とバターが混ざり合ってきます。

 次に薄力粉と、ベーキングパウダーを合わせて入れます。
オイルサーディンタルト6
 結構な粉の量ですが、大丈夫です。しっかりとすり混ぜるようにあわせます。

 粉がしっかり混ざったら、生クリームと牛乳を合わせたものを、”だま”にならないように少しずつ入れていきます
オイルサーディンタルト8
 少し入れて、混ぜ合わせて、しっかり混ざったら、また入れます。生地全体が柔らかくなって来たら残りを全部入れても大丈夫です。

 パルミジャーノとパン粉を入れ、混ぜ合わせます。
オイルサーディンタルト9

 しっかり全体が混ざったところで、オイルサーディンとオリーブ(今回は半分に切ってみました)を入れます。
オイルサーディンタルト10
 生地全体にオイルサーディンとオリーブが入るようにしっかりとあわせます。オイルサーディンは崩れます。

 そして、最後に卵白をハンドミキサーでしっかり立て
オイルサーディンタルト11

 全体にさっくり混ぜ合わせます
オイルサーディンタルト13
 卵白が見えなくなったら、型に入れます。

 この時点の生地は結構固めです。
オイルサーディンタルト14
こんな感じです^^

 これをゴムベラなどを使ってしっかり型にならします。
オイルサーディンタルト15
真ん中から、外に向かってへらを動かし、端まで丁寧に生地を入れます。そうすると、写真ではちょっと分かりにくいのですが、真ん中に向かってへこんでいるようになります。

 焼くと平らになります。

 オーブンで焼きます。SOUのオーブンは温度は分からないのですが、170度で30~40分を目安に焼きます(初めてのときは何度か様子を見てくださいね、あくまで目安です)
オイルサーディンタルト16
 楊枝を刺して、何も付いてこなければ焼き上がりです。型をはずして粗熱を取ります。完成!!

 今回のオイルサーディンとオリーブのタルトは、ビールにもワインにもピッタリのおつまみです^^最初にも書きましたが、色々アレンジが利くので、中身を変えて試してみてください!

 そもそもこのタルトも、その昔、講習会で何とかというイタリア人シェフが「きのこのタル」トとして紹介していたものを、かなり大幅にアレンジしたものです。

 いいレシピが出来たら、艸にも教えてください♪
関連記事


Trackback

Trackback URL
http://lainacuisine.blog86.fc2.com/tb.php/172-29b4c7ef

Comment

SOUファン | URL | 2009.11.13 18:01 | Edit
ここのところSOUに行けなくて、
ストレスが溜まってます(*_*)

さて、クリスマスメニューの公開が
待ち遠しい今日この頃。

今年も楽しみにしております。
艸 | URL | 2009.11.14 01:59
SOUファンさん、こんにちは!

・・・・お名前といえど、自分で書くのはちょっと恥ずかしいものですね^^;

 さてさて、ただいま頑張ってクリスマスメニュー製作中です!!来週中には、お葉書き&このブログでお知らせが出来ると思います!

 このようなコメントを頂けると頑張れそうです^-^

 もう少しだけお待ちを・・・・m(_ _)m
rintaro_mammy | URL | 2009.11.17 04:21
SOUさんこんにちは!
これはすごく美味しそう!!おもてなし料理にも良さそうですね。今週末に義両親が来るのでその前に作ってみて練習したいです^^

ところで、パルミジャーノって買ったことないのですがよくスーパーに売ってるクラフトとか雪印のパルメザンチーズとは味わいは結構違うものですか?他で調べたものの、「同じ」「違う」と意見が別れていたのでSOUさんのご意見伺いたいです。^^

艸 | URL | 2009.11.17 14:12
rintaro_mammyさん、こんにちは!

一度コツをつかんでおくと、結構すぐできるので困ったときのなおもてなしメニューとしていけます^^

 あくまで僕個人の意見としてですが、味わいは、かなり違うと思います。とはいえ、このタルトに使うのであれば、もしかすると何でもいいのかもしれません^^

 オイルサーディンとオリーブがかなり塩気があるので、チーズの塩気が強いようなら量を減らすとかの調整をすれば問題ないかと・・・・思います(すいません、あくまで想像です)。

 グラナダパダーノというチーズがあります。パルミジャーノとほぼ同じように作られるチーズで、熟成期間がパルミジャーノより短いので、ちょっとお値段も安いです。
 あと、原材料のところに「生乳 食塩」とだけ書いているものを僕は選ぶようにしています^^

 本物のパルミジャーノのブロックは、それだけでも味わい深く、美味しいおつまみになります(もちろん作り手によって味の違いはあります)。機会があったら、是非食べてみてください^^

 コメントありがとうございます。参考になれば良いのですが・・・。
rintaro_mammy | URL | 2009.11.17 23:44
SOUさん、早速の詳しいご説明ありがとうございます。今日、オイルサーディンとオリーブを買ってきたのであとはチーズだけ!^^

なるほど、味わいはかなり違うのですね。ではパルミジャーノ、後学のためにも探してみます!で、もしなかったらグラナダパダーノ・・・それもなければパルメザンで、ということで。

とても参考になりました。いつも素敵なレシピの紹介、ありがとうございます^^!
艸 | URL | 2009.11.18 03:50
rintaro_mammyさん、こんにちは!

何でか”グラナ・パダーノ”のことを”グラナダパダーノ”と書いてしまいましたToT

 ごめんなさい!正しくは”グラナパダーノ”です^^

 今日スーパーでク●フトのパルメザンチーズの原材料を見たら「生乳 食塩」となっていましたToT

 うーん、僕の意見は、あくまでも参考程度にしてください・・・・・・いやいや、まだまだ知らないことが多過ぎます^-^

 まあ、だから面白いんですけどね!
yoko | URL | 2010.07.21 16:35
はじめまして!
過去記事にコメントしてよいものかと思いましたが
おいしくできたお礼を言いたくて^^;

レシピを参考に作ってみましたが
とてもおいしくできました(^-^)
ありがとうございます。
サクサクの食感もよかったです。
材料替えてまたつくります~(*^_^*)

勝手ながら自身のブログよりリンク張らせてもらいました。
では、また寄らせてもらいますね^^
艸(そう) | URL | 2010.07.21 21:36
yokoさん、こんにちは!はじめまして。

美味しくできて良かったです^-^

この簡単タルトは、自分で言うのもなんですが、良いレシピだと思います。お手軽なのにそれを感じさせない味がしますよね~。

 リンクしていただきありがとうございます。

 はい、またお待ちしております。コメントありがとうございました。
omina | URL | 2010.07.23 22:26
初めまして!
いつも拝見&活用させていただいてます。

今、主人のお友達のホームパーティーに持参するワンディッシュとして、オイルサーディンとオリーブのタルトを焼いているところです。

先日、自分のホームパーティーでベーコンとチーズのタルトを焼いたところ、好評だったので、オイルサーディンにも挑戦してみることにしました!

実はオイルサーディンなるものを食べたことがないので、どんな味わいになるのか私にとって未知なのですが…焼き上がりが楽しみです!
艸(そう) | URL | 2010.07.24 11:42
ominaさん、こんにちは!はじめまして。

艸のブログを見ていただきありがとうございます。

おおっ!ベーコンとチーズのタルトも作られて、オイルサーディンのタルトも作っているのですか!美味しく出来るといいですね~^-^

どちらのタルトも、ついワインとかビールとかを飲みたくなるおつまみですね~。

コメントありがとうございました。
ジャコウネコ | URL | 2013.01.01 17:56 | Edit
先日、豚肉27.5Kgを頂いてしまい
それから活用させて頂いております。

とにかく、『適当』とか『適量』が気に入っています。w

只今、コンフィとハムを仕込み中の上、
本日はそのときに出たクズ肉でリエットを作成中です。

これからも美味しく愉しいお料理のアップお待ちしております!
艸(そう) | URL | 2013.01.04 23:58
ジャコウネコさん、こんにちは。

「豚肉27.5kgを頂く」のもすごいですし、それをガンガン仕込んで行くジャコウネコさんもすばらしーです^_^

とにかく、「適当」と「適量」でこのブログはできております。

はい、頑張ってボチボチですがアップしていきたいと思います。コメントありがとうございます。
あこ | URL | 2014.09.20 07:39
艸さんこんにちは!
こちらのタルト、以前作った時に評判がよかったので、この連休のポットラックパーティにも、と思っています。素敵レシピいつもありがとうございます!
で、レシピを読み返したところ、あれ、パセリ、も使うのですね?
レシピには特に言及がないみたいなのですが、焼いてからトッピングする感じでしょうか?それとも生地に練り込むのでしょうか?(読み落としだったら本当にごめんなさい!!)
艸(そう) | URL | 2014.09.21 01:28
あこさん、こんにちは。

艸のブログを参考に参考に作って下さり、ありがとうございます。

えっと、、、おかしい。。。何度読み返しても、パセリを入れるなんて書いていないし、パセリを入れた記憶もない。。。

ま、入れてもすこぶる何かが大きく変わるということもないでしょうし、もしかしたら入れたこともあったのかもしれません。

とりあえず、なしで(^_^)

すいません、お手数をおかけいたしましたm(_ _)m
あこ | URL | 2014.09.23 22:07
さっそくお返事ありがとうございます!
今日斜めの上司宅に持って行き、お褒めの言葉をいただきました☆
材料に「パセリのみじん切り」とあったので、サーブする時に乗せてみました(不要、とのことでしたが( ›◡ु‹ )、やっぱりグリーンがあると綺麗でした。いいヒントをありがとうございました!)
艸(そう) | URL | 2014.09.25 00:58
あこさん、こんにちは。

喜んでもらって、良かったです^_^僕も嬉しいです。

コメントありがとうございました〜
Comment Form
公開設定

お知らせ
最近の記事
レシピカテゴリ
コメント
プロフィール

艸(そう)

かんりにん:艸(そう)
”艸ではこんな風に作ってます”を紹介しています。
リンクは自由にしてください!

・相互リンクについて

Facebook
リンク
RSSリンク
いろいろ
ランキング
ランキングに参加しています!!

バナー2
   れしぴぶろぐ
ランキングって何?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。