HOME > スポンサー広告 > title - ソフリット(旨みの素?)HOME > 基本の基本 > title - ソフリット(旨みの素?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソフリット(旨みの素?)

 ソフリットとは、玉葱と人参とセロリをゆっくり炒めたものです。
玉葱ペーストと同じような使い方をしますが、玉葱ペーストがしっかりとした甘み、とするとソフリットは深みのある甘みというところでしょうか。これも玉葱ペースト同様、レストランらしいものだと思います。これを使って作るパスタに、うちでは”ボロネーズ”と”トマトバジル”があります。定番中の定番ですよね。
ソフリット

[材料]
玉葱  適量
人参  玉葱の半分
セロリ 人参の半分


[作り方]
 量る必要はないです。見た目半分ぐらいかなー。でいいです。玉葱、人参、セロリをみじん切りにします。
ソフリット1
 こんな感じです。結構細かいみじん切りです。細かいことが大事ではないんです。ただ、同じ大きさの微塵切りにしたいんです。火の入りが同じになるので。

 これをオリーブオイルで、人参、セロリ、玉葱の順にいためていきます。僕は、固そうなものから入れていきます。が、結構長い時間いためるのでさほど意味はないかもしれませんが、気持ちです。
ソフリット2
始めのうちは中火で炒めていきます。なべ底にこびりつくぐらいになったら、極弱火にします。
ソフリット3
 こんな感じになるまで時間をかけて炒めます。食べてみて”シャリッ”という感じがなくなるまで炒めます。なかなかなりません。我慢です。
 難しいことは何一つありません。ただ、ひたすら焦げないように混ぜながら、柔らかく甘みが出るまで炒め続けるのです。
ソフリット4
 柔らかくなったら、冷まします。完成です。

 このまま食べるものではないのですが、僕にとっては非常に大事なアイテムです。
関連記事


Trackback

『ソフリット』について
ソフリットソフリット(文字通りには「軽く揚げた」と云う意味のイタリア語)は、極一般的なイタリア料理の基礎をなしており、香味のある素材を調理用油脂で炒めて作られる。基本的なソフリットの素材は、オリーブ・オイルと、刻んだタマネギ(又はネギ)、そして適宜ではあるが
2007.03.03 07:54 | イタリアン♪コメスタ
Trackback URL
http://lainacuisine.blog86.fc2.com/tb.php/17-83879bd1

Comment

Comment Form
公開設定

お知らせ
最近の記事
レシピカテゴリ
コメント
プロフィール

艸(そう)

かんりにん:艸(そう)
”艸ではこんな風に作ってます”を紹介しています。
リンクは自由にしてください!

・相互リンクについて

Facebook
リンク
RSSリンク
いろいろ
ランキング
ランキングに参加しています!!

バナー2
   れしぴぶろぐ
ランキングって何?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。